紹介動画はこちらから web診療予約はこちら

院長コラム

顎変形症、顎関節症ー眠り方が原因?

顎変形症、顎関節症と診断された方の多くに顔の変形(左右非対称が強い)方が多く見受けられます。

この問題には眠り方が関わっているように思います。

最近は、乳幼児突然死症候群の問題から乳幼児をうつぶせにして眠らせる事は良くないと指導されていますが、一時期、頭の恰好が良くなるので、うつ伏せに寝せる事が流行ってしまった時期が有りました。

歯科の領域からも、顎変形症や顎関節症に繋がり、さらに成人したときに左右非対称な顔となってしまいますので、うつ伏せで寝させる事を止めるように指導しています。

うつ伏せで寝ていると、頭の重みが顎にかかりますが、その状況で呼吸を確保する為に頭を左右どちらかに傾けて寝ています。

左右に傾けている時間が同じであれば良いのですが、ほとんどの場合どちらか一方に偏ってしまう事が多くなります。乳幼児のように骨がまだ柔らかい状態で偏った方向から頭の重みが顎のかかると、下顎骨に変形が起こったり、顎関節に左右のズレが生じてしまいます。

一端、下顎や顎の関節が変形してしまうと、歯並びにもその変形が影響し、さらに上顎の左右にかかる力に差が生じそれが上顎の骨にまで波及してしまいます。その状況は、成長が終了まで継続し続けることで、乱ぐい歯、顎の変形、顎関節の左右差を引き起こしそれが顔の変形になってしまいます。また、成長が終わってからも重力下で生活している以上、一度傾いた物は傾いた方向に少しずつ傾き続けるので、顔の変形は徐々にひどくなります。このような状況の方は、当然歯にも無理な力が掛かるので、歯のトラブルは多くなってしまいます。

どうも人間は、解剖学上仰向けになって寝るような構造になっているようなので、健康維持のためには成人してからでも仰向けで寝るようにした方がいいようですね!

顔の左右差が強い方、もしくは最近顔に左右差が目立つようになってきたとお感じの方は注意が必要かと思います。簡単に治療しないで長期的なビジョンでしっかりと診断した上での歯科治療をお勧めいたします。歯だけの問題でなく全身の健康を害す事になりますので注意してください。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年11月15日 10:47

ページの上部へ

介護を減らすには

他人のお世話にならず元気で一生を過ごすためには、しっかりと噛んで生活する事が大切です。要介護状態となってしまっている方と元気で自立している方を統計的な比較をしたら、一番大きな違いはしっかりと噛むことが出来るかという点に違いがある事が解かりました。

動物は本来、摂食出来なくなれば死を待つだけですが、私ども人間は流動食、胃廊、点滴などで食べなくても生きて良く事が出来るようになりました。

生命を維持するために、栄養素だけの観点から見れば生きていけますが、その状況を本当に皆さんが望む事でしょうか?

食することは、ただ単に栄養を取ることだけでなく、ストレスの発散や人と人とのコミュニケーションに欠かせませんし、なんと言っても食事の時間はとても楽しい時間です。さらに、噛むという事はスポーツや重い物持ったりする時、夜間の無意識に行う歯軋り、日常生活のいろいろな場面(正確な手作業中や単純な家事作業など)においても無意識に行っています。

歯と歯を合わせ噛んでいる状況はとても長い時間行っているので、噛む事はそれらの機能維持にとても大きな影響をきたします。ですから、口腔機能を維持する事はたとえ義歯になっても大切な事なのです。

食べる時だけに義歯を使用するという考えは大きな間違えで、以前述べましたが、夜間就眠中においても義歯を使用する事は大切なことなのです。

笑って死ぬには、元気で無くてはなりません。そのためには最後まで口腔機能を維持させる事が大切です。

日本人は歯が痛くなってから、あるいは治したところが外れる等の状況になると歯医者に行く方がほとんどで、まだまだ歯を大切にする方が多くいません。

もう少し口腔機能の重要性を多くの方が認識して頂けると、要介護状態となってしまう方を減らせるのではないかと考えています。

歯科医療技術はここ数年大きく進歩していますが、出来れば神様から頂いた天然の歯を(仮に歯の根だけになっても)大切にした方がいいと思いますので、より若いうちから口腔機能を大切に維持するために予防歯科の受診をお勧めいたします。

既に口腔機能を大きく損なってしまい苦労している方は、あきらめないでください。それぞれの患者様の状況に合わせた最適な歯科治療により口腔機能の回復をいたしますのでご相談ください。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年9月21日 14:27

ページの上部へ

口角炎と口元のしわ

口角(唇の端)によく炎症を起こすと胃が悪いと思っている方が多くいますが、実は胃と口角に因果関係は有りません。口角炎の原因は噛み合わせが悪くなる事により発生します。単純性ヘルペスにより口唇(くちびる)に炎症が出現しますが、その場合には口角に限局しません。

歯の喪失により上下の歯の間隔が狭くなると口の周りの皮膚が余り唇(くちびる)の形が変わります。実は、歯が無くならなくても歯の摩耗や沈み込みでも同じような事が起こります。

このようなケースの大きな特徴は唇(くちびる)の形が「へ」の字になって口角が下がっています。その結果、口角に「しわ」が出来、その「しわ」に毛細管現象で唾液がしみ込み、本来唇ではない皮膚に唾液が長時間付いてしまい炎症が起こって口角炎となります。特に冬場で空気が乾燥している状況では乾燥と湿潤が定期的に繰り返され口角の皮膚の部分にひび割れが生じ頑固な口角炎となっている事が多いようです。

対症療法で口角炎に軟膏などを貼付して対応している事が多いようですが、完治しないと思います。やはり、原因を取り除くことが重要ではないでしょうか?良く口角炎のできる方は一度噛み合わせのチェックをお勧めいたします。

加齢とともに唇(くちびる)の形が変わり、特に「へ」の字になったとお感じの方や口角にしわが入り始めたとお感じの方や口角炎が頻繁に出来る方などは問題が生じている可能性が高いと思います。まして、歯の本数が減っている、歯槽膿漏などで歯がぐらついている方などは変化が大きいので早急に対応することをお勧めいたします。

治療により、いやな口角炎が治るだけでなく、口元を中心にお顔は確実に若かれし頃の状況に戻すことが可能で、アンチエイジングが図れます。

興味のある方は相談だけでも結構ですので、お気軽にお声かけください!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年8月 8日 15:21

ページの上部へ

重力と腰痛(その2)

前回、噛み合わせ(咬合)が悪い事と腰痛に深い関係がある事をお話しいたしました。

まだまだ若く健康的な方ですと、多少無理もききますし、柔軟性もあるので症状が強く出ていないので「自分には関係が無い」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、少し先の事を含めてイメージしてみましょう。

椎間板は軟骨であるため極めて修復能力の無い部品であるため、損傷を受けると元に戻る可能性がありません。変形を伴い位置に異常が生じる事で「椎間板ヘルニア」となる事は以前に紹介しましたが、さらに背骨一つ一つを構成している椎骨においても、ヘルニアが長引く事で左右不均衡な力がかかり続けると、椎骨の内部に骨が出っ張り「脊椎幹狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)」に発展してしまいます。

ダルマ落としにおいてダルマが傾き始めると不安定になりダルマが落っこちてしまうように、背骨も余計な傾きが有ると長期間において上記のような変化が生じてしまうのです。

超高齢化社会の現在において、介護の問題は増大する社会保障費の大きな要素となっています。その中で、強度の腰痛により要介護状況となっている方が多くいますが、そのほとんどに「脊椎幹狭窄症」の病名が付いています。

背骨はいったんトラブルを抱えると簡単に治らないようです。予防の意識が大切ではないでしょうか?特に若いうちに腰痛の経験をお持ちの方は噛み合わせ(咬合)をチェックする事をお勧めいたします。2本足で歩いている限り、重力は大きな負担を背骨に掛けていますので、いつまでも元気で歩きまわれるような生活をしたいのであれば、積極的歯科治療や予防歯科の考えは大切かと思っています。

おそらく、神様が設定した本来の寿命は、現在の日本の平均寿命より短く設定されてされていたと思われます。

背骨に問題が起こらないようにケアーすれば、元気で長生きのチャンスは増えると思いますので大切にしてくださいね!

有名な「ピサの斜塔」も重力でだんだんと傾きがひどくなり、数年前に少し傾斜を戻し、さらに傾きが少しでも進まないように補強工事を行ったようです!ニュートンさん、重力に対するケアーがいかに大切かを考えるきっかけ作って頂きありがとうございました。

 

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年8月 5日 15:33

ページの上部へ

噛み合わせ(咬合)と腰痛

重力が腰痛に大きく関わっている事は前回紹介いたしましたが、噛み合わせ(咬合)と腰痛にどのような関係が有るかを紹介いたします。

噛み合わせ(咬合)に左右差があると、顎の関節は右と左の関節が下顎の骨で繋がっているために、左右のバランスを取る筋肉や関節に無理やひずみが生じます。結果、働きすぎの側の筋肉はオーバーワークとなり、筋肉が凝った状況になってしまいます。下顎には鎖骨や肩甲骨から筋肉が付着していますので、それらの筋肉にも影響が出て凝ってしまい、噛み合わせが原因の肩こりはこのようにして発生します。

左右差が有るため、肩こりにも左右差が生じ、肩のラインに左右差が発生して、左右の高さが異なった姿勢で知らず知らず生活する事になってしまいます。その生活が長く続くと脊椎に余計な湾曲が生じ長期間その状況が継続すると椎間板ヘルニアに発展してしまうのです。

重力が掛かっている環境では、一度でも一定方向に傾斜してしまうと、重力によりさらにその方向に傾斜が増してしまいます。要するにひとたび傾き始めるとどんどん傾いていってしまう事になるのです。

噛み合わせは、毎日何千何万回と噛んでいますので、一回は小さい力でも大きなエネルギーとなってしまい、噛み合わせを傾けるように歯をすり減らす事となります。

左右の目じりの延長を結んだ線と左右の唇の端(口角)を結んだ線が平行になっている方は少ないですが、特に、この差が激しい人は要注意です。さらに、左右のの歯並びに差が有る方や左右で歯の本数が違う方は要注意ですので、鏡の前でチェックしてみてください。既に腰痛が悩んでいる方、肩こりでもいつの同じ側ばかり凝っている方は、噛み合わせに左右差が無いかチェックしてください。

チェックの結果、明らかに左右差が有る方や既に腰痛や頑固な左右差のある肩こりでお悩みの方はご相談だけでもかまいません、お気軽にお声かけください。

腰痛は根本的に元に戻って治る事は有りませんので、重症化する前に対策を取る事がとても大切であると思います。この意味からも予防歯科の発想は大切と考えています。ただ単に虫歯や歯周病を予防するだけでなく様々な効果や意味を含んだ上で、弘進会宮田歯科池袋診療所では積極的歯科治療や予防歯科を展開しています。

噛み合わせをしっかりと安定した状態に保っておく事は腰痛予防に繋がり、晩年において車椅子に厄介にならず自身の足で歩け、元気で長生きの可能性を高めると思います。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年8月 1日 16:00

ページの上部へ

1  2