紹介動画はこちらから
web診療・初診の予約はこちら
web診療・再診の予約はこちら
咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

歯を抜いたまま・歯がグラグラする

放置することによる悪影響

永久歯において、親知らず以外の歯で抜けたままにしておいて良い場合はほとんどありません。
1,2本歯がなくなっても食事をするのには困らないことが多いので、中にはそのままにしてしまう患者さんもいらっしゃいます。しかし、このことによって以下のような悪影響があります。

一番大きな影響は歯が動くこと。
歯は噛む相手の歯、隣の歯があることによって一定の位置に保たれますが、それが無くなると移動します。つまり歯が抜けた場所が上なら下の噛む相手の歯が、下が抜けたら上の噛む相手の歯が、抜けた場所にとび出てきます。それと、抜けた歯の隣の歯が抜けた場所に倒れてきます(基本的には前の方に)。
この歯の移動は、治療をするときに非常に問題で、治療を難しくするだけでなく、治療後の歯のもち(早くだめになりやすいこと)にも影響します。また、とび出た噛む相手の歯を削ったり、移動した歯は神経をとったりしないと治療できないことがあります。
さらに、歯が無いことや移動することにより噛み合わせのバランスも崩れ、咬合性外傷を引き起こし、他の歯の寿命を縮めることとなります。

⇒咬合性外傷へ

ページの上部へ

早めの治療が大切です

上記のようなことは痛みがなくても確実に進んでいます
食事が不自由でなく、症状もなければ見過ごしがちですが、歯が無い状態が続くと抜けた部位の骨が刺激を受けずどんどん痩せていってしまい、いざ治療しようとしても骨がないためにインプラントができない、入れ歯が安定しない、Brに食べ物が詰まりやすくなる、など多くの弊害を生む結果にもなるため「そのうち、そのうち・・・・」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、早急な治療をお勧めします

ページの上部へ