紹介動画はこちらから
web診療・初診の予約はこちら
web診療・再診の予約はこちら
咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合の治療法について

失った歯の代わりになる人工の歯(ブリッジ、入れ歯、インプラント)を入れます。

義歯(入れ歯) メリット デメリット
ブリッジ、W冠
⇒詳細
●違和感が少ない
●取り外ししなくて良い
●歯を削る
パーシャルデンチャー
⇒詳細
●歯を削る量がわずか ●異物感がある
●取り外しが必要
●バネがかかる歯に力が集中してしまう
コーヌスデンチャー
⇒詳細
●入れ歯を支える力が大きい
●支える歯の負担が分散でき、長持ちできる
●異物感が少ない
●バネがない
●掃除しやすい
●多くの歯を削る
●取り外しが必要
●保険適用外
マグフィット
⇒詳細
●歯にかかる横揺らしの力が軽減できる
●歯周病などで条件の悪い歯も利用できる
●入れ歯が外れにくく出来る
●歯を削る
●保健適用外
フルデンチャー
⇒詳細
●手術などはない ●異物感が大きい
●安定が難しい
インプラント、ALL ON 4
⇒詳細
●固定式
●異物感が少ない
●よく噛める
●手術が必要
●保健適用外

ページの上部へ

部分的に歯を失った場合

固定性義歯 (ブリッジ)

失った歯の前後の歯を削ってそれを支柱にするような橋状のかぶせ物です。

固定式なので取り外しできません。違和感は少ないです。 失った歯の部位、本数によってはできない場合もあります。 保険適応のものと歯に優しい金属や見た目がきれいな白い材料(ハイブリットセラミクス、陶材)と組み合わせる方法など様々な材質があります。

ページの上部へ

ダブル冠

通常、完全に歯に固定してしまうブリッジを、まず柱となるご自身の歯(支台歯)に薄い金属の冠(内冠)を被せ、その上にブリッジ(外冠)を固定することで、歯に二重に金属を被せ、歯を保護しながら、ブリッジをする当院独自の処置法です。
現在、歯を失う原因は、「う蝕(虫歯)」「歯周病(歯槽膿漏)」「咬合力(噛む力)」の3つであると言われています。しかしながら、この方法は、上記3つのリスクを同時に解消する画期的な方法として、当院で多く取り入れられている処置法となっております。

W冠テクニック

利点

まず「う蝕(虫歯)」について、従来のブリッジを例に考えて見ます。ブリッジでは、毎日ものを噛んでいるうちに材料が疲労し、柱であるご自身の歯(支台歯)のうち、片側だけ歯とブリッジの接着剤がはずれてしまう場合があります。その場合、当然そこから虫歯になってしまうのですが、繋がっているもう片側の支台歯に問題がなければ、ブリッジは外れてくることがありません。そのため、患者さん自身、知らない間に虫歯が進行し、手遅れになっている場合が少なくありません。しかしながら、この方法を用いた場合、例えブリッジの接着剤が外れても、内冠によって歯が保護されているため虫歯になる確立が非常に低く、リスクを負う事がありません。

「歯周病(歯槽膿漏)」についても、より効果的に働きます。従来のブリッジは、その構造上、患者様が完全に清掃する事は困難とされてきました。しかしながら、この方法では、我々術者がブリッジを簡単にはずす事ができるため、メインテナンスの精度が格段に向上します。

元来「咬合力(噛む力)」をコントロールすることは非常に難しいと言われてきました。しかしながら、この方法により、歯を失ってしまうような、過度な力から、歯を守る事ができます。ブリッジに無理な力がかかった場合、内冠と外冠の間の接着剤がクッションとなり、外冠のみが外れてくるため、歯に直接無理な力が働く事を防ぐ事ができます。

ブリッジが欠けた、割れた等の訴えがあった場合でも、従来であれば、壊さなければはずす事ができず、もう一度作り直すという方法を取らざるを得なかったのに対し、簡単にはずす事ができ、その場で技工士が修理をする事が可能となっております。

欠点

土台の歯が健康だったとしても削る必要があります。

残念ながら健康保険の適用ができません。

ページの上部へ

可撤式義歯 (部分入れ歯、パーシャルデンチャー)

失った歯を人工のプラスチックの歯と歯茎で補います。

※画像をクリックすると、拡大表示されます。

何箇所かほかの歯にばねをかけて人工の歯と歯茎を固定します。 取り外し式です。 保険適応のものと金属で作る変形しにくい保険外のものがあります。

ページの上部へ

マグフィット (磁性体)

残っている歯の根に磁石と相性のよい土台を入れ、義歯に磁石を埋め込むことにより入れ歯がはずれにくくなります。保険外です。


※画像をクリックすると、拡大表示されます。

ページの上部へ

インプラント

骨内にチタン合金を埋め込む方法です。固定式です。保険外です。


⇒詳しくはインプラントページへ

ページの上部へ

上あごもしくは下あごの全部を失った場合

<全部床義歯 (総義歯、総入れ歯)>

あごの歯ぐき全体を覆う入れ歯です。取り外し式です。プラスチック製の保険適応のものと丈夫な金属で作るものがあります。

保険適応 金属床

上あご用
※画像をクリックすると、拡大表示されます。

下あご用
※画像をクリックすると、拡大表示されます。

ALL ON 4 オールオンフォー

顎の骨に4本のインプラントを打ち、それを支柱にした長いブリッジで全部の歯を補います。固定式です。顎の骨の状態やお体の状態によりできない場合があります。保険外です。

⇒詳しくは利点欠点、材質の説明、費用のページへ


ページの上部へ